転職活動応援団

転職活動を応援

転職活動の仕方についてのまとめ。

 

 

今の日本では、転職を繰り返しながらキャリアアップをしていくことを重視している人が増加しているようです。

 

 

ここ数年、終身雇用を考えて就職するという考え方は、若い世代を中心にだんだんと薄れてきているようです。

 

 

会社に就職してから、特に最初の2〜3年で転職を考えることが多いようです。

 

 

実際に若い世代における転職活動は活性化しています。

 

 

実際に転職しようと思った時に何をどのようにすればスムーズな転職活動かできるのでしょうか?まず必要なのは、「何故自分は転職したいのか?」を自分なりに整理することが大切です。

 

 

次に転職活動と職探しの流れを把握することも大切です。

 

 

各人、転職のきっかけは様々です。

 

 

今の会社をやめて仕事を変わろう考えた時に最初にすべきことは、自分の考えをまとめることです。

 

 

そして、これから就職活動をするに当たって自分が身に付けたいものは何なのかを考えます。

 

 

そのためには、まず今までの自分の仕事内容、キャリアを振り返って、自分の好きなこと・嫌いなことを整理してみることです。

 

 

自分の進みたい方向を検討することは非常に重要です。

 

 

今までしてきた仕事の内容、身につけてきたスキル、そしてこれからのなりたい自分をあわせて整理することで、方向性が見えてくるのです。

 

 

方向性が定まった時から職探しのスタートです。

 

 

求人情報を集め気になる会社を絞り込んでいきます。

 

 

行きたい会社が見つかったら、自己PRポイントを整理してレジュメを作成し応募します。

 

 

しっかりと試験・面接の準備もしておきましょう。

 

 

内定が決ったら、退職日を設定して上司に退職願を提出します。

 

 

自分の後任者には最後まで丁寧に引き継ぎをするように心がけます。

 

 

書類などの各種手続きも完了させて円満退職できるようにします。

 

 

以上が、いまの会社を退職して次の仕事を決めるまでのおおまかな転職活動の流れです。

 

 

この転職活動の流れを参考にして、まずは転職活動のスケジュールを組み立ててみることをおすすめします。

 

 

転職活動にかかった期間はだいたい1ヶ月〜3ヶ月ぐらいという人が多いようです。

 

 

それぐらいのスパンで自分なりの計画を立ててみるのも良いかもしれません。

 

 

●FX必勝投資法●
FX取引必勝のテクニカルチャートの読み方、使い方とは?

FXチャート読み方
テクニカルチャートをマスターして相場を分析しよう!

pp


inserted by FC2 system