円満退社

円満退社

円満退社の仕方について。

 

 

転職活動をはじめるに当たって、必ずしなければならない事がいくつかあります。

 

 

まず第一に現在の会社を円満に退職することです。

 

 

会社に在籍していた期間が長くても短くても辞める際には、会社や他の社員の方に迷惑がかからないような退職ができるように心がけましょう。

 

 

日程的には、退職の2ヶ月前には最初の報告するのが理想的です。

 

 

そして1ヵ月半前には具体的な退職日についての相談をします。

 

 

退職する決意が決まったのなら、いろんなトラブルになる可能性があるので、上司に話す前に同僚に話すのはやめましょう。

 

 

必ず最初は直属の上司にその意思を伝えるようにしましょう。

 

 

できるだけ職場が忙しくしている時期は避けましょう。

 

 

そして十分に引き継ぎできる期間が取れるように前もって準備しましょう。

 

 

少なくとも1ヶ月前には退職願を提出するようにして、10日前には取引先への挨拶等を済ませられるようにスケジュールを決めます。

 

 

そして、退職日当日は会社から貸与されている物品をすべて返却し、机・ロッカーなどが片付いているかなどを確認します。

 

 

以上がだいたいの流れですが、一番難航するのが退職の意思を伝えることではないでしょうか。

 

 

退職の意思を伝える時に大切なのは自分の意思がしっかりと固まっていることです。

 

 

その意志を自分で確認した上で「相談があるのですが・・・」とあくまで相談という形で、上司に話を切り出すようにします。

 

 

よくあるトラブルなのですが、正式に会社から辞令が出るまで自分から退職のことについて他の人に話をするのは避けたほうが好ましいでしょう。

 

 

退職の報告を受けた会社は、退職したあとの業務を滞りなく進めるにはどうしたら良いか、後任をどうするのかなどを考える必要があるからです。

 

 

直属の上司に退職の意思を伝えた後でも、すぐに同僚や部下に退職の話をするのは避けた方が無難です。

 

 

退職理由を聞かれたら「個人的な理由」をあげるのが円満退社のコツです。

 

 

現在の不満を述べたら、その改善を理由に引き止められることも考えられますし、残る側にとってあれこれ不満を言われるのは気持ちの良いことではないからです。

 

 

あくまで「キャリアアップしたい」などの前向きな理由で話すことが大切です。

 

 

もし強く引きとめられた場合は、現在の会社で教育を受けたことには感謝しながらも自分の意思を通すようにします。

 

 

退職の事をなかなか会社が承諾してくれない等の例も見られます。

 

 

もし解決できないのであれば労働基準監督署に出向き相談をします。

 

 

退職することは法律で認められた権利なのですから会社は強制的に引き止めることは出来ないのです。

 

 

退職の意思を伝えても、労働条件や諸待遇の見直しを前提に引き止められることも考えられます。

 

 

この時は、会社や上司が自分の将来のことを本気で考えてくれているのを見極めれるかどうかがポイントです。

 

 

いずれにしても引き留められて気持ちが揺らぐようでは転職後も後悔するようなことになるかもしれません。

 

 

しっかりと自分の意思を固めることが一番なのではないでしょうか。

 

 

●多言語を習得●
英語、ドイツ語、フランス語、たくさんの国の言語を同時にマスターするには?

多言語学習方法
シュリーマンの外国語習得方法をチェック!


inserted by FC2 system